ACF2017
舞台はサントリーホール
エントリー開始まで10日となりました
今週のアーカイヴ映像は、サックスクァルテット

エントリー開始まで、いよいよ10日となりました。ACFは技術力だけを競うものではありません。皆さんの音楽との関わり方は、録音とともにエッセイからもしっかり伝わってきます。お送りいただく音源とエッセイは、選考委員の古部賢一さんと漆原朝子さんが一つひとつ受け止めます。皆さんからのエントリーをお待ちしております!

さて、今週のアーカイヴは結成16年、初応募で初出場の「Saxofono Rosso」の皆さんです。選考委員の古部さんが「エキサイティングな演奏」と絶賛したのがこのアンサンブル。ラクールのサクソフォン四重奏曲を演奏してくださいました。

現代曲で、音の重なりやスピード感、そして4人の息の合い方がとにかくすごい。結成当初はお互いの良いところだけを見せてアンサンブルをしていたそうですが、メンバーの結婚や子育てなどを経験するなかで、家族のようになったそうです。自分達が今できる最高のものを目指したサックス四重奏曲、お聴きください。

さぁ、いよいよ9月1日からエントリーが始まります。全国の音楽を愛する皆さんからのご応募楽しみにしております!

WORD版
PDF版

Times 01:04 / Date 2016/08/09

  • Repeat
  • Shuffle

カテゴリ別に見る

ACF2017
舞台はサントリーホール
エントリー開始まで10日となりました
今週のアーカイヴ映像は、サックスクァルテット

ACF2017
舞台はサントリーホール
エントリー開始まで10日となりました
今週のアーカイヴ映像は、サックスクァルテット

エントリー開始まで、いよいよ10日となりました。ACFは技術力だけを競うものではありません。皆さんの音楽との関わり方は、録音とともにエッセイからもしっかり伝わってきます。お送りいただく音源とエッセイは、選考委員の古部賢一さんと漆原朝子さんが一つひとつ受け止めます。皆さんからのエントリーをお待ちしております!

さて、今週のアーカイヴは結成16年、初応募で初出場の「Saxofono Rosso」の皆さんです。選考委員の古部さんが「エキサイティングな演奏」と絶賛したのがこのアンサンブル。ラクールのサクソフォン四重奏曲を演奏してくださいました。

現代曲で、音の重なりやスピード感、そして4人の息の合い方がとにかくすごい。結成当初はお互いの良いところだけを見せてアンサンブルをしていたそうですが、メンバーの結婚や子育てなどを経験するなかで、家族のようになったそうです。自分達が今できる最高のものを目指したサックス四重奏曲、お聴きください。

さぁ、いよいよ9月1日からエントリーが始まります。全国の音楽を愛する皆さんからのご応募楽しみにしております!

WORD版
PDF版

Times 01:04 / Date 2016/08/09

アーカイブ

ACF2017
舞台はサントリーホール
フェスティバルの主役はあなたです!
今回のアーカイヴ映像は2016年の公演より
ユーフォニアム・テューバの八重奏です!

ACF2017
舞台はサントリーホール
フェスティバルの主役はあなたです!
今回のアーカイヴ映像は2016年の公演より
ユーフォニアム・テューバの八重奏です!

いよいよエントリーの開始が半月後に迫ってまいりました。

「もう半月後?準備が間に合わないかも、、」と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。ACFには共通の課題曲などはなく、3~8分という規定時間内でエントリー楽曲を自由にお選びいただけます(規定時間については以前の投稿もご参照ください)。短い小品などでなく楽曲内の抜粋でもかまいません。また、ご自身で編曲した楽譜や、自作曲でのエントリーなども可能です!

さて、今週のアーカイヴ映像はユーフォニアム・テューバの八重奏「彩たま低音’s倶楽部」の皆さん。ユーフォニアム3本、テューバ5本という編成で埼玉県を中心に活動しています(埼玉ライオンズクラブ、とは別の団体ですのでお間違いなく)。

1997年の結成当初から、この編成が身近になるよう、そしてアマチュア奏者にとって身近な作品が増えるよう定期的に作曲家に新作を依頼しているそうです。今回はその曲で18年ぶりにACFのステージに立ちました。編成はもちろん、選曲にもそのアンサンブルの個性が表れますね。

ACF2017
r舞台はサントリーホール
フェスティバルの主役はあなたです!

エントリーはいよいよ半月後、9月1日より10月31日まで。
今年はどんな曲との出会いがあるでしょうか
皆さんのエントリーを楽しみにお待ちしております。

エントリー要項
WORD版
PDF版

Times 01:06 / Date 2016/08/09

アーカイブ

ACF2017
舞台はサントリーホール
フェスティバルの主役はあなたです!
今週のアーカイヴ映像は、シューマンのピアノ五重奏

ACF2017
舞台はサントリーホール
フェスティバルの主役はあなたです!
今週のアーカイヴ映像は、シューマンのピアノ五重奏

ACFの応募資格は「全員がアマチュアの2名以上の器楽アンサンブル」ということのみ。28回開催してきたなかで、これまで弦楽四重奏や弦楽合奏、木管、金管、ピアノ連弾、マンドリン、リコーダー、邦楽アンサンブルなど実に様々な器楽アンサンブルにご応募いただいてきました。珍しい楽器では、ピストンがない古楽器アンサンブルやキルギスの伝統楽器「コムズ」という弦楽器も。また、オカリナやトーンチャイム、マンドリンアンサンブルにも多く応募いただいております。今年もどんなアンサンブルに出会えるか、楽しみにしています。


さて、今週のアーカイブ映像はACF2016より「アンサンブルカンフリエ」の皆さんです。もともと京都で活動をスタートした同アンサンブル。メンバーのそれぞれが就職したり、転勤したり、結婚、出産などライフステージの変化の真っ只中にいるんだそうです。毎回の練習日程を合わせるのも簡単ではありませんが、お互い考えを伝え合い、共に音楽を作り上げていく過程がとても楽しくソロにはない醍醐味を感じているそうです。

環境が変わっても、音楽を一緒に楽しむ仲間がいるのは素敵なことですよね。エッセイに書いてあった「絶対、サントリーホール ブルーローズのステージに立ちたい!!」と燃えたシューマンのピアノ五重奏曲、ぜひお聴きください。

エントリーは9月1日から10月31日までです。先週は、エントリー開始を1ヶ月早まった日を書いてしまって申し訳ありません。私たちは、全国の音楽を愛する皆さんからのご応募を楽しみにしております。


WORD版
PDF版

Times 12:00 / Date 2016/08/06

アーカイブ

ACF2017
舞台はサントリーホール
いよいよエントリー開始まで1ヶ月!!
今週のアーカイヴは、遠距離恋愛中のトリオ!?

ACF2017
舞台はサントリーホール
いよいよエントリー開始まで1ヶ月!!
今週のアーカイヴは、遠距離恋愛中のトリオ!?

9月1日からACF2017のエントリーを開始します。応募をお考えの皆さん、曲目はもう決まりましたか?エッセイにはどんなことを書こうかと、迷っている方もいらっしゃると思います。
ACFは、演奏技術だけを競うコンクールではありません。音楽との関わり方にはそれぞれの楽しみや歓びがありますが、その様子は録音だけでなくエッセイからもしっかり伝わってきます。皆さんの特徴が詰まったエッセイを、お待ちしております。

さて、今週のアーカイヴはACF2016より、遠距離トリオの「トリオ・フリューゲル」の皆さんです。それぞれ沖縄、東京、千葉に住みながら1600kmを越えて、月に1度集まって練習しています。会えない時には、Webを利用して各自で録音した互いのパートの音を聴き、曲を作り上げていくんだそうです。エッセイには「遠距離恋愛中の我々トリオのブルッフは艶やかで官能的。」とありました。どうぞお聴きください。

エントリーは10月31日まで受け付けています。アンサンブルを愛する全国の皆さんのご応募をお待ちしております!

WORD版
PDF版

Times 01:03 / Date 2016/07/30

アーカイブ

舞台はサントリーホール  
フェスティバルの主役はあなたです!
今回は演奏時間について
アーカイヴ映像は木管五重奏
結成のきっかけはACF!?

舞台はサントリーホール
フェスティバルの主役はあなたです!
今回は演奏時間について
アーカイヴ映像は木管五重奏
結成のきっかけはACF!?

ACFではエントリーの楽曲を3〜8分と指定しております。選曲によっては短いとお感じになるかも知れませんが、より多くのアンサ ンブルにACFのステージを体験していただきたい!という想いから、この演奏時間を指定しました。

またACFのステージでは、演奏のみでなく、インタビューが行われます。聞き手は司会の朝岡聡さん、安田佑子さんのお二人。このインタビューがまたアンサンブルの魅力を引き出します。

演奏とインタビュー、あわせて10分前後。2時間のコンサートとすれば12組前後のアンサンブルをお迎えできると考えました。ひとつでも多くのアンサンブルをお招きしたい。その気持ちから演奏時間の制限を設けましたこと、どうかご理解ください。

なお、ACFにご出演いただくことになった際は、エントリーと同じ曲を演奏してい ただきます。そのこともお忘れなく。

さて、今週のアーカイブは(自称)東京アマチュアオーケストラ界、随一のスタープレイヤーによる木管五重奏団「猫じゃらし合奏団」のみなさん。

かねてからアンサンブルの結成を目論んでいた代表のラブコールにより結成、ACFには初の出演となりました。当日のステージでは3つの五重奏曲を抜粋で披露、木管楽器同士の軽妙なやりとりが魅力、ぜひご覧ください!


ACF2017、舞台はサントリーホール
フェスティバルの主役はあなたです!

エントリーは9月から10月末まで!これを機にアンサンブルを始める皆様も大歓迎です、詳細は下記よりダウンロードください。


WORD版
PDF版

Times 01:05 / Date 2016/07/17

アーカイブ